スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どすこいクオリティを感じたら投票を→ FC2ブログランキング
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
配達時間指定してブッチ。郵便屋さんごめんなさい
2008 / 08 / 13 ( Wed )
スト4にかまけている間に、オリンピックでは結構な盛り上がりを見せているではないか。
ダイジェストでしか見ていないが、気になったニュースは2つ。
卓球の福原がアテネに続き再びミャオミャオと対戦して勝ったということ、フェンシングのニート剣士大田が銀を取ったこと。

ミャオミャオは、選手層の厚い中国では代表になれない為、オーストラリアに帰化して出場した選手である(因みに団体の3選手全て中国からの帰化)
前回の大会では、愛嬌の有る名前と不思議な魅力のある顔で試合中ミャオミャオしか見ていなかった記憶がある。
今回何故TV放送しないのだ…

そしてニート剣士である。
ニュースの見出しで『ニート剣士 銀』の文字を見て吹き出してしまった。
よく考えたら彼が勝ったのは当たり前のことだった。働いたら負けなのだから。

どんなネトゲにハマってるのかと調べてみたら全然ニートじゃなかった。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20080217-OHT1T00075.htm

【フェンシング】
西洋の剣法として盛んなフェンシングは、ヨーロッパが発祥の地とされていたが
その源流ははるか中国秦代に発明された彊条剣までさかのぼるという説がある。
その剣は、針のように細く鋭利にとぎすまされている為、わずかの力で素早く相手の急所を突くことができた。
これを中国拳法と融合させ、数々の秘技を編み出し必殺の武術として完成させたのが
鍬家二代目邊真愚(へんしんぐ)であり、その名が「フェンシング」の名の由来であるという。

民明書房刊『世界スポーツ奇譚』より



8/12終了時

1位 ウメハラ 44,391  1,035戦935勝 勝率90.34%
2位 ネモ 40,168
3位 上野 40,078
4位 .cab 39,695
5位 きみどり 38,717
6位 モルダー 37,348
7位 MIZOTERU 37,229
8位 ★ハイタニ★ 36,265
9位 ダン 36,231
10位 EARL 35,683
スポンサーサイト


どすこいクオリティを感じたら投票を→ FC2ブログランキング
09:34:26 | ネタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ブラクラ日記 | ホーム | 小椋派>>
コメント
----

ウメ信者の義務として勝率に貢献しました(強制的に)
弱いね~俺
by: U * 2008/08/13 12:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

羨ましいね~君
by: monmon * 2008/08/14 10:50 * URL [ 編集] | page top↑
----

4万点台も3人ですか。
by: * 2008/08/14 11:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

さらに名も無きリュウが4万超えらしいですよ。
by: monmon * 2008/08/14 22:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://monmon999.blog49.fc2.com/tb.php/467-c2e7bf5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。